パーテーションで快適なフロアに【打ち合わせスペースとして活用】

MENU

費用と効果を考える移転

レディ

経費を抑え収益性を上げる

どの会社にも事務所機能があり、経理や総務といった機能を持ちます。販売拠点や事業所などの他に事務所を置く会社は、事務所に掛かる経費が問題となります。事務所は事務処理を行うん場所で、事務員を数人配置しており、役員室などもあるでしょう。事務所に来客が多い会社や販売及び営業を伴う事務所であれば、アクセスにメリットが無くては意味がありません。ただし、駅前やターミナル部分、繁華街などの好立地に事務所を構えると非常に家賃が高く、収益率を押すでしょう。事務所移転を考える場合、2つの理由があります。現在の場所よりも好立地に事務所移転する場合と現在の物件よりも安い事務所移転とする場合です。これらはどちらも移転による効果があります。事務所そのものに収益を伴わない場合、立地に関係なく家賃が安い事務所を探すことが良いでしょうが、問題となるのは収益を伴う事務所です。収益性や営業力を上げるために繁華街やターミナルに事務所移転を考えるも、本来目立つはずの事務所移転先がこれまでの顧客や利用者に分かり難くなることが問題でもあります。新規客は顧客よりも客単価が低くなることがあります。事務所移転先に目印となるランドマークがないことや、お店の密集した場所では事務所が目立ちにくくなることもあり、費用対効果が得られないパターンもあります。家賃が上がって収益率が悪くなれば事務所移転の意味はありません。事務所移転で効果を出すためには十分なリサーチを行いましょう。

Copyright© 2018 パーテーションで快適なフロアに【打ち合わせスペースとして活用】 All Rights Reserved.